人気記事
【アフィリエイト講座No.10】「文章が書けない....。」とりあえず"クソ適当"に書くのがコツ。
Blog sign button on keyboard with soft focus

アフィリエイトを始めたいけれど、何を書けばいいのかわからない。

 

そう思われる方は多いはず。

大丈夫です。
始めからネタを用意したり、文章を書く能力が必要なわけではありません。

 

アフィリエイトを始めた直後は、適当に書きことが大事です。

コツはとにかく適当に書くこと。

ちゃんとした文章をたくさんの量書こうとするから筆が止まります。

 

初心者はとにかくクソ適当に書くこと。
それがまず最初に意識する大事なことです。

 

 

【サイトの作り方】

 

まずはクソ適当に記事を書いていく

文章を書くことに慣れる

アフィリエイトを始めてまず最初は、記事書きに慣れることから始めます。

ずーっと日記や趣味で小説とかを書いてきた方は、文章を書くという行為に抵抗がないかもしれません。

しかし僕を含めた多くの方は、そもそもあまり文章を書かない生活を送っているはずです。

アフィリエイトは記事を書く作業が大半なので、まずは記事書きに慣れることをしばらくの目標にします。

 

ワードプレスを触ることに慣れる

記事書きに慣れるというのは、ワードプレスの扱い方にも慣れることを目指します。

アフィリエイトはただワードの紙に文章を書くだけではありません。

サイトを構築していくにあたり、ワードプレスの使い方に慣れる必要があります。

例えば、サイトの外観であったり、文章中にもある見出しであったり、内部リンクもワードプレスの扱い方を知らないと触れません。

 

これらは決して難しくはないのですが、初心者は苦労します。

だからまず最初は、ワードプレスの使い方を、実践を通して体得するためにも、クソ適当に記事を書きまくることをお勧めします。

なんだってそうですが、色んなものの操作方法を解説で学ぶより、いきなり実戦で触ってみるのが一番学習効率が高いです。

 

日記、雑記でもなんでもいい。

「クソ適当に書けっていうけど、何を書けばいいの?」

始めのうちは、特にテーマを絞る必要はありません。
一つのサイトに、色んな題材の記事を詰め込んで、いわゆる雑記ブログにしてもOKです。

 

「自分はこういったサイトを作りたいんだ!」という風に、構想や書きたいことが決まっている人は、テーマごとにサイトを用意し、記事を書いていきます。

しかし特に書きたいテーマもなく、もっというと何を書いていいかわからない方は、雑記でまずは書いていきます。
僕も1サイト目は、よくわからない状態だったので、雑記式に記事を入れていきました。

 

それこそなんだって書いていいのです。

・うざい上司のご機嫌を取る方法
・おすすめプロテインの味
・好きな女の子を口説く方法
・おいしいお茶の作り方
・はやりのタピオカ店に行って思ったこと

もっというと、「今日会社で怒られて感じたこと」みたいな日記式でもOKです。

まず最初の目的は「記事書きに慣れる」です。

 

なので、何を書いていいかわからない人は、上記のような自由なテーマでどんどん記事を入れていきましょう。

 

よければ聖帝日記で気に入った記事の感想・考察を書いてみてください!
僕にDMかメンションをいただければ、読ませていただきます~!!

適当に書いていたらサイト構想も思いつく

記事書きを積み重ねるうちに、アフィリエイトに慣れてきて、色んなサイト構想が思いつくようになります。

例えば、自分がプロテイン好きな人間だったとして、毎日プロテインの感想をクソ適当に書くとします。

 

プロテインの記事を書いていると、

「プロテイン系は全く苦じゃない!」

そう思えてくるかもしれません。

 

そうなったら、

・コンビニのプロテインに特化したサイト
・海外のプロテインをレビュー&紹介するサイト
・プロテイン以外でたんぱく質がたくさん補給できる食事

など、そこから扱うテーマを広げていけばいいのです。

 

だから雑記を書いても全く無駄になりません。

自分が苦にならない題材、書いていて楽しい題材を見つけることができます。

 

とにかく毎日の「記事を書く生活」に慣れていく

初期のころは、適当に記事を書きまくる目的として、「アフィリエイト生活に慣れる」というのもあります。

アフィリエイト初期のころは、まだ生活の中にアフィリエイトが溶け込んでおらず、作業時間が億劫に感じます。

・どのタイミングで記事を書くのか
・毎日何時から何時までやるのか
・どこの部屋で何を使ってやるのか

初期の頃は、慣れていないため、決まっていないことが多いです。

その段階からテーマや記事のクオリティをしっかり考えるのは、無理があります。
やることが多すぎて、嫌になって挫折につながります。

 

だからまずはアフィリエイト生活のリズムを掴むためにも、初期のことは適当な記事を書きまくればいのです。

 

 

初期に作ったサイトは潰すつもりで攻める

感覚としては、1カ月目くらいに作った初期のサイトは、普通に潰すつもりで作ります。

言わば「練習用のサイト」です。

 

いくら初心者が一個目のサイトから、「絶対成功するんだ!」と気合を入れて作ったところで、ほとんどの確率で失敗します。

というか、一個目のサイトからうまくいかせようとするのが間違っています。

 

僕らはアフィリエイト、もっと言うとビジネスに関しては小学一年生なわけです。

小学一年生が何の勉強もせずに、一回目のテストで70点を以上を狙うのは無謀です。

まずは失敗ありきです。
というか、失敗じゃないです。

 

普通に練習や経験を経て、稼げるサイトが作れるようになっていきます。

なので初期の頃のサイトは潰すくらいの軽い感覚で書いていきましょう。

 

うまく書こうとすればするほど、筆は止まります。

20分で一筆書きで書いて、一回も見直さずすぐに公開するといいです。(笑)
マジでそうしてました!

 

慣れてきてから、テーマ選定・サイト構築をしていく

アフィリエイトを始めた初月は、日記形式でいいのでとにかく記事を書くことに注力していけばOKです。

主観でいいので、そろそろ記事を書く生活とワードプレスの操作に慣れてきたなと感じたら、サイトのテーマを選定したり、サイトの外観を本格的に整えていきましょう。

 

案外、初期の頃に書いたクソ適当な記事が、3~4か月後に検索上位に来ていることは往々にしてあります。

僕も2~3個目に作った適当サイトが、あとあとは主力になっていました。

 

だから、あまり気は張らず長い目線で記事書きをやっていきましょう。

頑張ってください!

 

かんたム。

【サイトの作り方】

 

【アフィリエイト講座】


おすすめの記事