人気記事
【アフィリエイト講座No.7】まずは半年!真剣にやる目安の期間。"向いているか"、"稼げるか"の判断がつく。
Blog sign button on keyboard with soft focus

アフィリエイト講座第7弾。
今回もまだ、アフィリエイトをやる前の段階の話になります。

(すでに始められている方、実践的な話はもう少し待ってください..!)

 

お題は、「真剣に取り組む期間」の目安です。

 

「自分がアフィリに向いているかどうか」は半年間取り組めば、判断がつきます。

 

また、アフィリエイトはどれくらい頑張れば、形になるのか。

そんなお話をしていきます。

 

【アフィリエイトの始め方】

 

向いている向いていないは半年でわかる

ビジネスをやる上で、向いている向いていないはかなり重要です。

「向いている/向いていない」と言われると、「得意/不得意」と似たニュアンスを想像してしまうでしょう。
アフィリエイトの場合、ほとんどの人がやったがないので、「得意/不得意」はやる前の段階では判断つきません。

おおよそ、半年間真剣にアフィリエイトに取り組んできたら、自分がアフィリエイトに向いているかどうかがわかってきます。

 

向いているかどうかは主観でわかる

半年後に、「向いている向いていない」はどうやって判断するのか。

稼げているかどうかも一つの目安でしょう。
自分はアフィリが好きじゃなくても、半年で収益が数万上がるのであれば、ある程度向いていると言えます。

 

ただそんな人は少ないでしょう。
実際半年真面目に取り組んでも、思ったような収益が上がらないことはありません。

だから、アフィリエイトの向いている向いていないと、「収益」だけで判断するのはもったいないです。

半年取り組んできて記事積み上がってきているはず。
これからどんどん加速していくのに、どの時点で収益を理由に「向いていない」と判断する必要はありません。

 

向いている向いていないは、「主観」の判断でOKです。

自分がやっていて「俺、アフィリで多分いけるな...」という感覚があれば向いています。
主観は案外正しいです。

「いけるな」と思わずとも、

「記事書きが全然苦じゃない」
「毎日普通に続けられる」
「きつい日もあるけど、やめたいとは思わない」

 

このような実感があるのであれば、アフィリは向いています。

 

何より向いていない人は、記事書きや調査、分析が苦痛でなりません。
毎日PCの前に座るのも億劫というレベルなら、それはさすがに向いていないでしょう。

 

半年続けてきて、アフィリエイト生活にそこまでの苦痛がないのであれば、「向いている」と言えます。

例え収益が少なくても気にしなくてOKです。

 

真剣にやらないと撤退の判断もつかない

半年で「向いている/向いていない」の判断をつけるために必須なのは、真剣に取り組むことです。

真剣にやらないと、マジで主観でもアフィリエイトに向いているかどうかがピンときません。

 

真剣に取り組んだからこそ、「ダメだ。やっぱ俺には向いていねえわ!」と、徹底の判断もつくのです。

 

逆に真剣にやらず、だらだらと続けてきた人は、

「もうちょっと真剣にやれば俺もできるかも?」
「まだ本気出してないだけだしな。」

と、いつまで経っても見切りがつきません。

 

ビジネスでは徹底の見極めも重要です。

向いていないこと、稼げないことをいつまでやっても、もったいないです。

 

ちゃんと見切りをつけるためにも、半年間は腹を据えて、真剣に取り組んで欲しいのです。

 

コツコツ2年やれば稼げるようになる

5~10万には普通に到達する

毎日2時間を確実に捻出し、2〜3記事更新を継続する目安は、約2年です。

本格的に稼げたい方は、2年を頭に毎日続けていきます。

 

2年経たないと、稼げないということではありません。

実際足立先生のコンサルはおおよそ半年間ですが、その間に数十万円の結果を出す人もたくさんいます。

 

2年真剣にやれば、だいたいの人が稼げるようになるという目安です。

 

この2年を長いとみるかどうかです。

僕の実感としては、元手ゼロで10万円稼げる仕組みを作るのはめちゃくちゃすごいと思います。

 

不動産で10万稼ごうと思ったら、ボロ物件2戸必要です。

1戸200万と考えて、400万の貯金がいります。

2年で「400万の貯金+リフォームの時間(労働力)」と考えると、決してアフィリエイトは大変なことではありません。

むしろ持たざる者にとって、これほど美味しい商売はないでしょう。

 

半年で稼げる人もたくさんいる

上述したように半年くらいで稼げる人もたくさんいます。

もっと早い段階で稼げる人も出てきます。

 

2年間は収益ゼロで、「それまではずっと耐え凌がないといけない!」というわけではありません。

そもそも収益は右肩上がりなので、徐々に上がってきます。

2年という数字は、おおよそ真剣にやる期間(毎日2〜3時間捻出)の目安です。

 

もっと頑張れるという人だったり、才能がある人、運がいい人は、早い段階で稼げるようになるので、そういう意味では2年も待つ必要はありません。

 

僕の足立塾の知り合いでも、1年経つ前に10万円を超えている人が何人もいました。

とにかく半年間全力で続けてみる

今はまだ自分がアフィリエイトに向いているかどうか、わからない状態だと思います。

でも安心してください。
誰でもそんな状況からスタートします。

だからこそ、とにかく半年間は全力で取り組んでもらいたいです。

 

途中で「俺ってアフィリ向いてねえかもなあ...」と思うことがあるかもしれません。

それでも半年間やると決めたら、毎日全力でやるのです。

 

成果が出ないことに対し、たったの半年間も全力で取り組めない人は、何か他のことをやってもうまくいかないでしょう。

 

まず半年。
自分で決めたらのなら、貫いてみればいいのです。

例え向いていない判断を下し、徹底することになっても、そこから得られるものはたくさんあります。

 

それでは気長に頑張ってください。

かんたム。


【アフィリエイトの始め方】

これさえ読めばOK!】WordPressでサイトを立ち上げる手順

 

 

【関連】

 


おすすめの記事