人気記事
【アフィリエイト講座No.1】一体どういう商売(ビジネス・副業)なのか。仕組み・構造を解説。
Blog sign button on keyboard with soft focus

社員のかんたムです。

僕がやってきた副業」と「サラリーマンこそアフィリエイトがおすすめな理由」を書いたところ、予想以上の反響がありました。
(ありがたいです)

実際、始められた方も大勢いるみたいです。

 

それでも、です。

副業くん
アフィリがおすすめなのはわかった!でも具体的にどうやるんだよ!!

 

これが大半の方の感想かと思います。
そうですよね。

その辺は言及していませんでした。

ボロ物件だったら、「壁紙変えて~」、「床貼って~」と、ある程度イメージはつくはずです。

だって「家」はみなさんが毎日目にしていますもんね。

一方アフィリは、インターネットの世界。
一体何をどうやって「稼ぐ」までにもっていくのか。

わからなくて当然のことだと思います。

 

だから「アフィリエイト講座」と題して、アフィリエイトで稼ぐ道筋を、回数に分けて細かく解説していきます。

 

第1回目の今日は、「アフィリエイトとは何か」「どういうビジネスか」をお伝えします。

 

 

アフィリエイトも絶対に稼げるわけではない

アフィリエイトについて解説する前に、一つお話があります。

それは「稼げるに"絶対"はない」ということです。

 

このアフィリエイト講座シリーズを読んでも、足立先生のコンサルを受けても、稼げるか稼げないかはあなた次第です。

それは「やるかやらないか」は自分次第という意味です。

運ゲーということではなく、正しい方法でやるか、またその言う通りにできるかは、また別の話だからです。

 

不動産でも同じです。
「どの物件を買ったらいいか」というノウハウに関しては、書籍やネット記事で死ぬほど情報があります。
でも実際にどの物件を買うか決めるのは、自分なわけです。

アフィリエイトも同じように、ノウハウをお伝えすることはできますが、具体的な細部までを指定することはできません。
「あなたはこの物件を買ったらいいですよ」とは言えないのです。

 

不安にさせましたが、アフィリエイトで稼ぐのはそこまで難しいことではありません。

正しい方法を忠実に守り、努力を継続できれば、高い確率で稼げるようになります。

 

天才的なセンスはいりません。

ボロ物件のリフォームを終えて、客付けできるくらい努力できる人であれば、同じように稼げます。

 

「絶対こうすれば大丈夫というのを教えてほしい!」と言う人は、商売に向いていないので、アフィリエイトもボロ物件もやめたほうがいいです。

アフィリエイトとはどういう商売か

登場人物

アフィリエイトというビジネスで登場するのは3人(組織)です。

・広告主:商品を持っている人

・ASP:商品とアフィリエイターを繋げる人

・アフィリエイター:商品を宣伝する人

おおよそこんなイメージです。

全然ピンとこないと思うので、「ライザップ」を例に具体的に説明していきます。

 

アフィリエイトでライザップを紹介して、お金をもらうとします。

 

広告主

広告主は、商品(ライザッププログラム)を持っている人です。
今回の例でいう、「RIZAPグループ株式会社」です。

広告を出したい人でもあるので、「広告主」とも言います。。

 

ライザップ
誰か、わしらのライザップ宣伝してや~

ASP(広告代理店)

ASPは広告代理店と言って、広告主とアフィリエイターの仲介を行ってくれます。

ASP
(アフィリエイターに対し)ライザップって商品があるけど、紹介してみない?お金もらえるよ?


具体的には、以下のような会社があります。
(ASPは死ぬほどあります)

A8.net

バリューコマース

もしもアフィリエイト

 

アフィリエイターはこれらのASPに登録し、広告主と繋げてもらいます。

ASPの管理画面には、たくさんのアフィリエイト商品があります。

・ジム入会
・美容商品
・ヨガグッズ
・英語教材
・ダイエット商品
・動画サービス

などたくさんの種類の商品があります。

 

基本的にASPを通して、アフィリエイターは商品を探し、提携します。

 

アフィリエイター

アフィリエイター
よし、僕のサイトでライザップというものを紹介するぞ!


アフィリエイターは、商品を宣伝・紹介する立場です。

今回のケースでは、自分のサイトを経由してライザップに登録してもらえると、ライザップからお金がもらえます。

 

よって、ライザップを紹介するために、ライザップの体験記事を書いたり、ダイエット関連の記事を書いたりして、お客さんを集めます。

この「サイト構築」が、アフィリエイターのメインのお仕事になります。
もっと具体的に言うと、記事書きです。

・ライザップとは何か
・値段はいくらか
・どれくらいで痩せれるのか
・リバウンドするのか
・感想はどうか

色んな記事を作成していきます。

こうして、サイトに来たお客さんにライザップへ入会してもらうのが仕事です。

 

別にライザップについてのサイトでなくてもOKです。

「ダイエット」や「筋トレ」の記事を中心としたサイトを作り、そこに来たお客さんにライザップを紹介してもいいのです。

 

アフィリエイトはこうしてお金をいただくビジネスです。

 

決して怪しい商売ではない

副業くん
でも、アフィリエイトってなんか怪しんだよな~人騙してんでしょ?

「アフィリエイト=怪しい商売」という認識は、確かに世の中にあるとは思います。

実際に嘘を謳ってアフィリエイトをしている人もいるでしょう。

 

ただアフィリエイトというビジネス自体は、決して悪徳商売ではありません。

むしろ、世の中に十分貢献しているビジネスです。

 

アフィリエイトを求めている人はいる

今回はライザップという商品を仮に扱いました。

ライザップを紹介するサイトとして、例えばですが、僕は「ダイエット系のサイト」を運営しています。

このサイトは、普段は痩せるための情報(記事)を発信しているサイトです。

 

「痩せるためには、食事のたんぱく質を多めにする。」
「○○の筋トレを毎日〇回したほうがいいです。」

など書いているサイトです。

そんなサイトのお客さんの中にも、下のような悩みを抱えている人が来ます。

30代女性
来月のパーティのためにどうしても10キロ痩せたい!
お金はかかってもいいから、とにかく時間がないの!!

 

この女性のニーズは「どうしても来月までに10キロ痩せること」です。

そのためならお金がいくらかかっても、またリバウンドのリスクが高くても、早く痩せられるなら全然OKなのです。

 

アフィリエイター
それなら、ライザップっていうプログラムがあるよ!

 

と、紹介するのが、アフィリエイターです。

 

人を騙しているわけではない

人によっては、ライザップに対し、

「高額のぼったぐりプログラム」
「どうせリバウンドする」

と、非難するでしょう。

そんな人からライザップを宣伝しているアフィリエイターを見ると、確かにお金が欲しいだけの「アフィカス」に見えるでしょう。

 

しかし、アフィリエイターは

アフィリエイター
短期間にどうしても痩せたい人はライザップがいいよ!

 

と、教えてあげているのです。

その女性は、どのサイトを見ても、よくあるダイエット法ばかりでうんざりしていたかもしれません。

30代女性
これじゃあ来月のパーティに間に合わない!!

 

でも、アフィリエイターが「短期間で痩せたい人はこっちがおすすめ!」と紹介したおかげで、この女性は無事パーティに間に合あわせることができたのです。

どうでしょうか。
これが怪しい商売と言えるでしょうか。

少なくとも僕は、一人のこの女性を幸せにした立派な行為、ビジネスだと思います。

 

アフィリエイト市場は伸びている

実際僕のサイトを経由して商品を買ってくださったお客さんから、お礼のメールが届いたりもします。

変なインフルエンサーがお金のためだけに変な商品ばかりを紹介するから、「アフィリエイト=怪しい」というイメージが根付いています。

本当は世の中に貢献している仕事です。
不必要なビジネスがここまで成長するわけありません。

世の中に必要とされているから、市場は伸びているのです。

伸びているアフィリエイト市場

引用:矢野経済研究所

 

「アフィはオワコン」なんてクソくらえですよほんと。

 

アフィリに対して、「商売」・「ビジネス」という感覚を持つ

アフィリエイトの仕組みについては以上です。

アフィリエイトを始める方に一つ言っておきたいのは、アフィリエイトは立派なビジネスだということです。

これは、「やる側」も強く認識しないといけません。

 

生ぬるい気持ちでやるとマジで1円も稼げずに終わります。

アフィリエイトと言うと、「片手間でできる」「副業と言えばアフィリ」「ブログで楽しく稼ぐ」みたいなイメージが蔓延っていますが、ゆるさなんて一ミリもありません。

ゴリゴリのビジネスです。

 

足立先生に喝を入れられた僕

僕にアフィリエイトを教えてくださった足立先生に言われたことで忘れられないセリフがあります。
(何個もあります)

あれは足立先生のコンサルを受けて1カ月経ったくらいのことでした。

当時はサラリーマンマインド前回の僕。
「まあこんなもんでええやろ。」すべての物事をそういう風に見ていました。

 

そして例にももれず、先生から言われたアドバイスも全然守っていませんでした。

具体的には、詳細は伏せますが、「アルファベットを使う記事タイトルには、カタカナのフリガナも入れておこうね」というアドバイスでした。
(これはどのジャンルにもあてはまるわけではありません。ノウハウとしては無視してください。)

 

僕は自分の勝手な判断で、これはカタカナもふっておこう、これはなんか入れなくてもいい気がするからやめておこう。と適当にやっていました。
まさに言われたことをやってない状況です。

今思えば単に楽をしていただけです。
「これくらいでアクセスもとれてくるやろ」

 

そんなとき、

足立先生
そのままやってたら1円も稼げないよ?別に俺はいいけど。少なくともビジネスをやってるって感覚ある?

 

と、LINEで言われました。
(実際の先生はとても優しいで、口調もものすごく丁寧です。なぜか上の文はきつく見えるだけです。)

 

当時の僕はものすごい衝撃を受けました。

確かに、サラリーマンの感覚と同じでいました。
どうせなんとかなるやろ、適当でもいけるやろ、と。

あの日から、アフィリエイトを舐めたことはありません。

 

アフィリエイトは立派なビジネスです。
マジで舐めてかかると1円稼げません。

当たり前のことを当たり前にやる

とは言え、別に難しいことをやるわけではありません。

本を読んだり、できる方からもらったアドバイスを忠実にやっていくのが大事というだけです。

サボって、楽しようとして、やったら1円も稼げないというだけです。

 

もうサウザーラジオや聖帝日記を読み込んでいる皆さんであれば、正直こんなこと言うまでもありません。

当時の僕はそれくらいアフィリエイト(ビジネス)に対してマインドが整っていなかったのです。

 

サラリーマンのように、気を抜いていても毎月給料が入ってくる感覚でいました。

 

真剣にやれば、大丈夫です。
アフィリエイトはコツコツやれる人には、希望のあるビジネスです。

 

どのビジネスをやるにせよ、どのみち真剣さは必要ですよね。

かんたム。

【アフィリエイトの始め方】

 

【アフィリエイト講座】

 


おすすめの記事