人気記事
【副業をやってきた感想】"アフィリエイト"と"不動産投資"の両方をやってみた結果を紹介

こんにちは、社員のかんたムです。

今回は僕がやってきた「副業」についてお話しします。

9月より聖帝会社で勤務させていただいている僕ですが、つい最近まで普通のサラリーマンをしながら副業をしていました。

副業をやっていた理由は、「勤め人を卒業したい」ただそれだけです。

 

結果として僕がやったのは

・ボロ戸建て(二戸)
・アフィリエイト(9ヵ月)

以上二つの副業を計2年にわたってやってきました。

読者の皆さんの中にも、僕と近い立場の方は多いはずです。

とにかく勤め人をやめたい。
もしくは、給料が安いから、なにか副収入が欲しい。

僕もそうでした。

 

問題は、

「何の副業をやったらいいかわからない」

ということです。

 

どちらのビジネスに関しても、僕は脱初心者レベルです。

だからこそ、皆さんに近い視点で、アフィリエイトと不動産賃貸業についてお話させていただきます。

 

僕自身、決して頭がいいわけでも、超人なわけでもありません。(超低学歴)

凡人の意見として、参考にしてください。

 

副業を始めた理由

僕が副業を始めたのは、今から2年前です。
きっかけは仕事中に見ていた、聖帝の旧アメブロです。(現聖帝日記)

そこで、
「自分の商品を持てば勤め人をしなくても生きていける」
と、ありました。

ある記事に「貯金ある人は不動産をやったらいい」とあり、僕は不動産を念頭に「勤め人+α」へシフトしていきます。

 

副業というものを知り衝撃を受けたのは、当時の本業がとてもつもなく嫌だったからです。

嫌だった理由は、単につまらなかったからです。

仕事はブラックでもないですし、割と安定した業界でしたが、いかんせん業務内容がクソつまらないものでした。

「こんなことをやって、俺の人生一体何の意味があるのだろう」

たかが凡人の人生、意味などないですが、それでも絶対こんな場所で40年時間を費やすのが嫌だ!と思っていました。

 

当時は転職を一番に考えていましたが、副業というものを知り、だったら個人で独立するほうが絶対にいいと思い、副業ルートに入りました。

 

僕が副業を始めた理由は、とにかく仕事が嫌でたまらなかったからです。

 

不動産(ボロ戸建)

貯金はすでにあった

入社して一カ月で、「たぶん俺はやめるな..」とうすうす感じていたので、貯金はしていました。
当時は入社2年ちょっとで結局250万円ほど貯金がありました。

なので僕の場合、ボロ物件という存在を知ってからは、貯金フェーズはありませんでした。
すぐに物件探しのフェーズに入れました。

この辺は自分でもラッキーだったなと思っています。

 

運のいいことの連続

僕がボロ物件をやる上で恵まれていたことの一つは出身県です。
僕が住んでいた県には、ポールさんという大不動産投資家がおられました。

「リフォーム手伝わせてください!」
そうお願いすると、快くOKしてくださいました。

物件を買うまでの数か月間は、全てポールさんの元で修業し、たくさんのことを教えていただきました。

割とえげつない物件もいくつか経験させていただいていたので、自分の物件を買う前にある程度のことはできるようになっていました。

これが一戸目から全て自力でやろうと思うと、想像を絶します。

残置物処理はふん様の軽トラを貸していただきましたし、必要な工具は、全てポールさんのものを使わせていただきました。

(ふん様の軽トラ)

結果として何十万円も節約してリフォームすることができたのです。

その他にも不動産に関する知識、「こういう物件は買っていい」「これはダメ」など実地で学べたのは大きかったです。

決して本を読んだだけではうまくいかなかったとも思います。

(ちなみに不動産本は、ポールさんに会う前に100冊以上読んでました)

 

リフォームは吐きそうなことばっかり

ある程度リフォームの知識は身についていたので、自信をもって一個目に臨んだのですが、吐きそうなことばかりでした。

ボロ物件のリフォームでは、必ず予想外の事態が起こります。

急に水道管が破裂したり、実は電気が通ってなかったり...。
全部確認不足の自分が悪いのですが、初心者時代はどう頑張っても、必ず少しは粗ができます。

むしろ、完璧な物件を選ぼうとすると、いつまで経っても始まらないと思ってもいました。

(壁のない家)

(床のない家)

勤め人の休みの土日にリフォームに入っても一向に終わらないリフォーム。
入居者が本当につくのかもわからない状態で、リフォーム費だけがバンバン飛んでいきます。

一戸目のリフォーム中は、本当に吐きそうな気持ちばっかりでした。

 

孤独なリフォーム

いつ終わるのか。
やってることは正しいのか。
お客さんはつくのか。

これらの不安を抱えながら、終わらないリフォームに向き合う日々は本当に大変でした。
みんな、「根性でなんとかなります」と言いますが、実際きついです。

それと、表に出てくるボロ戸建て投資家は、楽しそうにリフォームしていますが、あの方たちは基本変態です。
僕みたいな一般人とは、少し感覚が違います。

中には「リフォームが楽しい!」という方もおられるでしょうが、なけなしの大金をはいたいてコツコツリフォームするのは、僕にとって楽しくはなかったです。
ただ必死さだけでやっていました。

そしてリフォームは基本的に孤独です。

みんなで集まってわいわいやれるのは、人気不動産投資家だからです。
初心者のよくわかんらない人が募集しても、いつも集まるわけではありません。

大抵は一人でインパクトドライバーの音と向き合う時間になります。

 

万人におすすめできるものではない

実際ボロ戸建てを二戸リフォームして、自分で客つけもしてみて思うのは、ボロ戸建不動産は万人におすすめできる副業ではありません。

確かに複雑なビジネスではないので、買って、直して、貸すだけというのは魅力的です。
でも初期投資も大きいですし、回収も遅いです。

どのビジネスも一長一短ですが、とにかく「不動産をやれば間違いない!」というのは間違いだと思ってます。

300万円もあれば他にできるビジネスはいくらでもありますし、今30万円しか持っていない状態で、200万まで貯めるぞ!というのは大変です。
時間もかかります。

実際に貸して物件が回しだしてからも、僕はそこまで「これだ!」感はありませんでした。

 

ボロ戸建て投資を真っ向から否定したいのではなく、僕のようにマッチしない人もいることを知っていただけると幸いです。

リフォーム、普通に辛いですから(笑)

自分はどれくらいの期間で勤め人を目指すのか。
自分の特性(興味、好きなこと、耐えられることは何か)

この辺をもう一度吟味していただけると幸いです。

(もっとも、他に何をやっていいかわからなかったり、好きなことなんてないからボロ戸建て投資をするんですよね...。)((僕がそうでした。

アフィリエイト

続いては二つ目にやった副業、「アフィリエイト」について書きます。

計一年かけ物件を二戸リフォームし終わって、僕はお金が尽きてしまいました。

次に物件を買うためにも、小資本で始められる副業はないのか!と模索していたところ、アフィリエイトに出会ったのです。

当時は本業とは別にバイトも考えていましたが、それならビジネスをやったほうが経験値も上がると思い、アフィリエイトを選択しました。

不動産のタネ銭を貯める目的で始めたアフィリエイトでしたが、今では人生を変えてくれた大きな存在になっています。

 

 

足立先生にコンサルをお願いする

僕が足立先生にアフィリエイトの指導をお願いしたのは、2018年の聖帝&足立セミナーin OSAKAの後です。

先生がアフィリエイトのコンサルもやられているとのことで、お願いしました。
(アフィリをやりたい方は、お願いすれば今もコンサルは受けてくださるみたいです)

このコンサルを受けたのが僕の人生を大きな転機となりました。

先生のもとでアフィリエイトの知識を学んだおかげで、まずアフィリエイト上達の時間をかなり短縮できました。

独学であったら、わからなかったであろうことも、一瞬で教えてくださるので、心底教えを請うてよかったと思っています。

また、今社長(聖帝)の元で社員として雇われているのも、先生のもとでアフィリエイトを頑張っておかげです。
そのおかげでWEB周りの知識が身に付き、一つ自分の武器ができたのです。

 

だからあの時あのタイミングで足立先生にコンサルティングをお願いして本当によかったです。

(足立先生には一生頭が上がりません....涙)

⇒【足立先生(Twitter)

 

 

毎日4記事を書く日々

僕のアフィリエイト人生は、「毎日4記事を書く」という戦いでした。

何があっても毎日4記事です。

足立先生曰く、おおよその目安には「毎日2時間」をアフィリエイトに充てることだそうです。
記事数は3記事が目安です。

2時間は、日々の中で決して捻出できない時間ではありません。

 

記事数は個人差があるにせよ、毎日本気でアフィリエイトに向き合う時間を作るのはマストです。

 

皆さんの想像通り、ボロ物件と同じく決して楽なビジネスではないです...。

 

生活はボロボロ

アフィリエイトに真剣に打ち込んだ期間は計9カ月です。
この期間は何があっても毎日4記事を書き上げました。

毎日4記事書くことは決してすごいことではありません。
足立先生は19記事書く日もあったとか。(やめてほしいです涙)

僕は4~6記事で「もうだめだ~」ってなっていました。

 

今となっては「俺は4記事書いたぞ!」と一つの自信になっていますが、当時を振り返ると相当ボロボロな生活をしていました。

毎日深夜まで作業をします。(僕は要領が本当に悪かった)

睡眠時間が短くなているので、日中はかなりイライラします。

本業はクソ適当なクオリティだし、勤務態度もクソな社員です。
当然上司の風当たりはどんどん強くなっていきました。

またプライベートでも常に記事のことを考えているので、周りの人間関係も疎かになっていきます。

普通の方であれば、もっと上手には生きられると思います。

僕は、アフィリエイト以外を全部疎かにしたので、本業も人間関係もズタボロでした。

 

勘違いしないでほしいのは、「アフィリエイト=ボロボロになる」ではありません。
自分の生活と折り合いをつけながら、健康的にやっているアフィリエイターは、足立塾の知り合いでもたくさんいます。

心がすさんでいたのは僕くらいです。

 

アフィリエイトをやってみた感覚としては、ボロ物件リフォームと同じくらい覚悟が入ります。

「楽さ」を問われると、甲乙つけられないのがぶっちゃけの感想です。

 

「稼げる」という実感を得る

アフィリエイトをやって一番良かったのは、「稼げる」という実感を得られたことです。

もしまた無一文になっても、「根性でなんとかできる!」と心の底から思えたのは、アフィリエイトで稼げるようになってからです。

具体的な金額で言うと、7カ月目に単月で「大卒初任給」くらいの金額を稼ぐことができました。(利益です。)

 

「すげー!」

不動産で家賃が入ってきたときにはなかった感覚が、アフィリエイトにはありました。

「一生懸命やれば、稼げるんだ!」

グーグルの世界なので変動やアップデートが激しい業界ですが、この稼げる感覚を得られたのはとてもでかいです。

おかげで勤務態度はさらに悪くなりました。(あほです)

 

月5万であれば、根性次第でそこまでの才能なしで到達できるのがアフィリエイトの魅力です。
月5万収入が増えるだけで、人生は大きく変わります。

僕の場合、コンビニ肉まんを気軽に2個買えるようになりました。
何のストレスもなく、「肉まん二つ」と、レジで言えます。
(これがまた幸福度高し。)

 

今の僕ならどうするか

まずアフィリエイトから始める

今の僕が、無一文でサウザーラジオを聞いたなら、アフィリエイトから始めます。

当時の僕は貯金が250万あったので、すぐに不動産投資できましたが、もしお金がなければやりません。

貯金している"だけ"の時間がそもそももったいないです。

僕だったらアフィリエイトを真剣にやって、不動産のための貯金をさらに加速させます。

 

他の副業をやるにしろ、「待っているだけの貯金」には耐えられない

「貯金ができないやつは金持ちになってもすぐに金がなくなるから、貧乏時代の貯金はいいトレーニングになる」

それには同意です。

僕も節約暮らしは大事だと思います。

 

ただ節約だけ(待ち)の貯金ではなく、稼ぎに行く貯金(攻め)も同時にやりたいです。

不動産を買うためにコツコツ倹約な暮らしは継続しますが、同時にお金のかからないビジネスであるアフィリエイトも並行して進めます。

 

単に貯金だけしてボーっと待っているのは、もっと成長できる機会、貯金を増やす機会を棒に振っていると考えます。

 

 

アフィリエイトは失敗しても無傷で終わる

アフィリエイトを始めるのに元手、タネ銭はほぼいりません。

せいぜい数万です。

不動産の何百万に比べたらタダみたいなものです。

まずアフィリエイトを始めて数カ月頑張ってみる。
それで合う合わないを判断します。

稼げていたらそのまま続けるし、まったく合わないのであれば辞めます。
もし仮にやめたとしても、ほとんどお金はかかっていません。

貯金も減っていません。

これが不動産の場合だと、300万の物件を買って「リフォーム合わないからや~めた」となると、300万消し飛ぶのです。

お客さんが全くつかない状況でも同じです。

アフィリエイトの失敗など無傷も同然です。

 

 

毎日3~4記事書ける根性ならリフォームもできる

アフィリエイトの記事書きを数か月間、毎日3~4記事書けるのであれば、ボロ物件のリフォームも乗り越えられます。

僕の感覚としては、ほぼ同じきつさです。
ボロ物件のほうが体を動かせるし、プラモデルつくりの快感があるので、楽しいです。

だから今お金がないのであれば、まず自分を試す手段としてアフィリエイトをやるのはありだと思います。

 

「稼ぐ稼げない」も大事ですが、「自分は自分の人生に対してどこまで本気なのか」を測る挑戦としてアフィリエイトをやってみるのです。

毎日の記事書きを続けた方なら、どんなきついことでもできます。
本業なんてクソ楽に感じるし、どのビジネスをしても、「あの頃のアフィリのきつさよりもマシだ」と思えます。
まさに僕の感覚です。

 

以上の理由で、今の僕ならアフィリエイトから副業をスタートします。

お金がすでにあるのであれば、物件探しからスタートもいいですが、それを考慮してもアフィリエイトをやるメリットは多いです。
学べることもたくさんあります。

僕がやっていたように、アフィリエイトをしながら不動産のタネ銭を貯めることは十分可能です。

 

コツコツ「待ちの貯金」をするよりも、稼ぎに行く「攻めの貯金」をしたほうが自己成長のためや人生トータルを見てもメリットが大きいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次回は、「サラリーマン(副業)にこそ、アフィリエイトがおすすめな理由」を具体的を解説します。

 

続く。

【アフィリエイト講座】

 


おすすめの記事