人気記事
【安い中古車を買おう】車はいらない。ヤフオクで買った10万のボロい車に乗っていた僕。

僕が昔乗っていた車はヤフオクで買った10万8千円のボロい車だ。

それに乗りつつ、タネ銭を貯め、リフォーム費用を捻出していた。
車は明らかにマイナスのキャッシュフローだ。

ローンなんてもってのほかだし、税金や車検費も絡んでくる。

 

とにかく安い車を乗りつぶそう。
勤め人卒業のためには重要な心得である。

 

10万8000円の車をヤフーオークションで落札して乗ってた話

車はマイナスのキャッシュフロー

僕は車は持たない方がいいと思ってる。
なぜなら車は金食い虫だから。

要は月々のキャッシュアウト、言わゆるマイナスのキャッシュフローが発生する。
本当安定してお金が出ていくんよね。

これは財務的に非常にきつい。

ガツンとした出費が一回であれば、お金はコントロールしやすい。

一方、「安定的に出て行くお金」は非常に財務を不安定にさせる。

んで、その最たるものが今日お話する”車”であり、前回・前々回とお話ししてた”マイホーム”であったり、”結婚”ですね。

「奥さんを食わせる」とか、そういう「安定したキャッシュアウト」は種銭貯める上で非常に害悪。

車はタイヤが4つついたら大丈夫

で、車の話。

僕「車はいらない」と言いつつ、どうしても車買わないといけなかった。
不動産のリフォームをするためにどうしても必要だったから。

というか不動産の診察。
下見と言うか物件の調査のためにもどうしても車が必要で、断腸の思いで車を買った。

その時の”哲学”が「車はタイヤが4つついたら大丈夫」。
本当に言ってた。

そして僕はヤフーオークションで車を買った。
ものすごく人気のない車。お値段なんと10万円。
108,000円。
それでマネー成立。

 

中古車屋を通さず、直接取引で買って自分で陸運局に行って、登記して。
行政書士さんにお願いする金ももったいないとか言って、仕事中サボって陸運局行ってた。

結果的に車に関するお金面は本当に楽だった。
10万円キャッシュでポンって車買ったら、あとかかるのは車検代くらいかな。車検ちょっと高かったけどね。

車検とか税金とか払って、もう支払いのは本当に楽。

だから、「車をローン組んで買う」っていうのは非常に悪い。
車はどうしても必要な方は買わざるを得ないと思う。
そんな時はボロいやつを買ったらいい。

都会に住んでる人や東京とかに住んでる人は絶対車買っちゃダメ。

車なしでタクシー乗りまくってればいいやん。

 

 

車は後に、法人の経費で買う

安い車でタネ銭を貯め、まずはビジネスに投資する

車は勤め人の給料という綺麗なお金で買ってはダメですよ。
法人作って経費で車を買おう。

僕は車にお金かけず、「自分の物件」にお金をかけていた。
言っても最初は区分所有の物件は100万円とかだけど。

それでもそこの物件買ったらリフォーム費用は一括では出なかった。
すげーカツカツ。

だから月々の給料から「リフォーム代」を捻出して、ボーナスとかも全部リフォーム代に突っ込んでいた。
そうやって不動産最初の物件を作ってました。

それが出来たのは、やっぱり乗ってる車をおかげも大きかったと思う。
ボロボロの、ほんと滅茶苦茶と壊れてる車。
それを4年間乗った。

だからなんて言うか、”縁起”はいい車だよ。
物件5つその車乗って仕上げたから。

先に「資産」というか「ビジネス基盤」を築いてしまってから、法人で車買えばいい。法人経費。

法人作っちゃえば経費が使える。
本当勤め人の給料は、全部税金とかいろんな支払いみたいなのを全て終わった後の、一番綺麗なお金なんよ。

その綺麗なお金で皆さん車買うでしょ。結婚式したりとかするでしょ。だからきついん。

車は法人だったら経費にできる。その経費を使えば税金が安くなる。
だからプラマイ差し引きゼロなんですよ。バランスシートってそういう考え方するんです
よ。

さらに、車は帳簿上、減価償却していくけど、実際そんなに摩耗しない。
一瞬でボロボロになるわけではない。

会社の経費で車を買うと、お金が減るという感覚がなくなる。
不思議なことだ。

勤め人の給料で車買うとお金はめちゃくちゃ減る。
その辺の感覚が今になってやっと僕も分かるようになってきた。偉そうなこと言ってるけどね。

 

どんどん車を乗り換えるのはやっちゃダメ

よくある話のが、200万円だの300万円だの「中途半端な国産の新車」を3年とかで乗り換えて行く人。
まあお金貯まらないよね。

それは本当にやっちゃダメ。

いろんな事情があるかとと思うけど、一回”言い訳”を許すとずらずら行っちゃう。
それは自分で創意工夫して乗り切って欲しい。

別に勤め人卒業しなくてもいいじゃん。
このラジオ聞いて、スモールビジネス持つところまで行けば、相当金持ちになれる。

そのスモールビジネスを持つまでにまずは種銭を作んないといけない。
そんでもって、何回か失敗もする。

だから貯金が貯まる、黒字が出る財務体質にしておかないといけない。
ビジネス一個当たればねガンガンお金入ってくるんで、そうなったらもうOK。

勤め人、八分ぐらいの力でゆるふわやって、別途でお金入ってきたら法人化して、法人経費・生活費ぶっこみまくればいい。

 

そういうことをすると、お金の流れがガラッと変わってお金貯まっていく。
ではまた次回。

再见。

参考:

どんな車をどんな風に買えばいいのかを教えてくれる本。
狙い目の車とかもね。

僕の「車は4つついていれば十分」って考えは、この本が元になっている。

【関連】


おすすめの記事