人気記事
【Voicy文字起こし】第9話「あなたはお金を遣うのと増やすのとどっちが好きだろう?」:まずは借金をやめ、見栄と虚栄心(テレビ)を断つ。

世の中にはお金を遣うことが好きな人と、増やすのが好きな人がいる。

「え?増やすほうがいいに決まってるじゃん。」

多くの人はそう答えると思うが、実際の行動を見てみるといい。
ほとんどの人は、お金を遣うことのほうが大好きだ。

常にお金を払って、誰かに楽しませてもらおうと考えている。

反対にお金を増やすのが好きな人。
この人はどうやって人を喜ばせようかと考えている。
まあ誰かを喜ばせた対価でお金がもらえるから自ずとそうなる。

 

もし見栄から降りられず、気づいたらドバドバお金を遣ってしまうのなら、まずはテレビを見るのをやめたらいい。

あれは購買促進マシーン、洗脳マシーン的な要素がある。

 

今回はお金持ちになるためには「見栄を断つことから始めましょう」って話。

 

【オナ禁体験談 募集中!】

金利の計算、大丈夫ですか?

もう一つの重大な罠は、借金

前回はブラック企業・ブラック労働の話をした。長時間労働させられて気力、体力、時間を奪われる。そのうえ正当な対価となる賃金は貰えないというものだ。

ブラック労働に巻きこまれると自分の商品を持つことができない。という話をした。

そしてもう一つ勤め人が気を付けるべき罠がある。それが借金だ。

金利は無視して、「月額の支払い金額」しか考えない人」たち

“金利の計算“ができない人がいる。ナンパを通して色々な社会階層の女の子たちと知り合うことでこういった人とも出会った。

僕個人として当たり前だと思っていることの一つに“金利の計算“がある。

「利子何%で借金したら返済はいくらになるのか?」、「そもそも自分はちゃんと返済できるのか」、経営者なら息を吸って吐くようにできる計算が出来ないのだ。

多くの読者の方は問題ないと思われるが、中には金利を見ずに「月額の支払い」だけで借金してローンを組んでしまう人がいるのだ。

真っ先に排除するべき支出

こういった勤め人が真っ先に排除するべき支出が金利だ。

ここで小学生のように「何%でいくら」などと計算問題をやるわけにはいかないが、金利を顧みずに借金・ローンをバカスカ組んでしまう人は、絶対に家計を見直した方がいい。

 

これでもまだ足りない。より身近なものに、勤め人の給料を搾り取ろうとする罠が潜んでいる。

 

⇒【過剰な質素倹約は不要】稼ぐ時も無理しない、節約する時も無理しない 

テレビを見ているとお金を遣いたくなる

テレビを惰性でつけてしまう人

仕事が終わって帰ってきて何となくテレビをつけてしまう人、こういう人も危うい。このサウザーラジオでは資本主義ゲームのノウハウや細かいやり方などを語っているわけだが、やはり“タネ銭”が貯まらなければどうしようもない。

そして“タネ時間“、自分でビジネスを作るような時間もないと次のステップへは行けない。

テレビにはこうした「時間を奪われる」という問題もあるのだが、より厳しいのは「価値観を塗り替えられてしまう」ことだ。

テレビを見ると、価値観を塗り替えられてしまう

テレビが発信する価値観というのは徹底して「お金を遣うのは楽しいことだ」という消費を称揚するような内容で、頭のいい大人たちが人の心を動かす手を研究している。

 

それこそナンパ師が女の子をナンパする技術を日夜磨くのと同じように、コロッとやられてしまう。

「新車を買いたい」、「良い時計が欲しい」というのはテレビの価値観を植え付けられているのではないだろうか、胸に手を当てて考えてみてほしい。

テレビを断って、見栄を断つ

僕のような「しみったれた生活」をするためには物欲がないことが非常に大事だ。そのために生活の水準が低くても平気であること、見栄を張らないことだ。

“虚栄心”、“地位財”というものの興味をなくすためにはテレビを断つことだ。

 

テレビではなく「自分の仕事」に楽しみを見出そう。勤め人の仕事とは違い、「自分の仕事」というのは刺激的で面白いものだ。
自分の仕事とはすなわち自分のお金が増えることだ。

 

勤め人を卒業してブラブラできる側の人間になるためには、「お金を遣うことが楽しい」から「お金を増やすことが楽しい」へ、価値観を180度転換させねばならない。

 

勤め人卒業までは"商品の開発"と"お金儲け"を趣味にする。

車が欲しけりゃ経費で買え

車が欲しければ、ビジネスを軌道に乗せて法人にして経費で買えばいいのだ。
節税方法なんて色々とある。

車を買うと減価償却で利益が圧縮されて税金が減る。

一度ビジネスを軌道に乗せてしまえば金の流れが変わって「カッコいい車を買うとお金が増える」のだ。
ところが勤め人でいい車を買おうとすると、一気に生活が苦しくなり全く這い上がる芽が出なくなってしまう。

今日はこんなところ。

再见。

 


テレビに洗脳を食らう女の子の話。頭のいい人に毟り取られるのは非モテ男子だけではない。
現代では、「女の子」も立派に毟り取られているのである。

 

【お金関連】

 

【次回】

第十話「『商品=自分』で経営者してると考えたら明快になる」

 

Voicy文字起こし一覧


おすすめの記事