人気記事
【非モテ女子の生態・特徴】罠にかかったのは実は女の子の方だった。前編

しかし非モテはそもそもモテないため、非モテが痛手をおったところで、現代のような恋愛難にはなり得ない。
では、罠にかけられているのは誰なのか。
「若い女の子」である。
『恋愛からは距離を置こう!』とテレビ、雑誌で言いくるめられているのだ。
『結婚しない』
『子ども作らない』
『買い物しまくり消費しまくり』
『仕事を頑張る』
昨今の晩婚化は女性にも原因があるのではないか。
今回はそんなお話。

罠を仕掛けているのは誰か

いったい何が男女の恋愛難を生じさせているのだろう。

若くてかわいい女の子は、男にとって抗いがたい魅惑の餌だという話だった。

野生に生き、四六時中腹をすかせて彷徨っているイノシシにとって、自然界に存在しないサツマイモが垂涎の好餌であることと、なかなか似た構図である。

女がイモであり、男がその餌に釣られて罠にかかり、食われるというスキーム。

じゃあ仕掛けてるやつは誰なのだろう?

アイドルプロデュースする人(その他)が、仕掛けてるやつである。

この罠にかかると非モテはもう一貫の終わりである。

 

前回:【非モテは搾取されている】イノシシも人間も罠にかかる理由は同じ

罠にかけられているのは、若い女の子なのである

ところがだ。

アイドルのデューサーが若い女の子をイモにして、非モテを釣るという構図は、非モテたちの受難でこそあれ、広い意味での恋愛難の決定的要因とはなりえない。

なぜなら非モテは恋愛パワーゲームで言う『パワー』を持っていないからだ。

パワーの無いやつがどうなろうと、大勢には影響しない。

若い女の子が、罠にかけられているのである。

パワーゲームのメインストリームである女が、やられている。

主導権を持つ女性層が、がっさりと、

「恋愛からは距離を置こう!」

と言う思想を植え付けられているとしたら、恋愛市場はセックスの供給を絞られて、大いに混乱するであろう。

 

仕掛けてるやつ誰か?何が狙いなのか?

女が食い物にされているイノシシだとすると、次に考えるべきことは

イモにあたるものは何か?
仕掛けてるやつは誰か?
何が狙いなのか?

僕は男であるので、女が何を欲しているのか、定かではない。
これと言うイモを挙げる事は出来ない。

どんな洗脳物語に染めたいか?というと、以下の通り。

『結婚しない』
『子ども作らない』
『買い物しまくり消費しまくり』
『仕事を頑張る』

である。

つづく。

 

次回:【晩婚化・結婚しない女が多い理由】罠にかかったのは実は女の子の方だった。中編

 

家、車、女を制する者は、人生を制する。【生活の維持費(固定費)を下げる】

【新築の家を買うと窮乏する】住宅ローン地獄を我慢して働く勤め人


おすすめの記事