人気記事
女の子を上手にデートへ誘う方法(アポの組み方講座) その1

これも気になっていたご質問である。(いちおう、読者の皆様から寄せられるご質問は全て気にかかり、回答遅れに気を揉んでおるのです)

お答えして行こう。

この質問者の方はアポの重要性は既にご存知でおられる。

 

非モテはLINEで「好きだよ」とか『告白』すればその女と恋が始まるなどと、途轍もない勘違いをしている。

ありえぬ。

言語文字情報は、完全に建前の領域だからだ。

女には建前人格(建前さん)と肉欲人格(雌豚さん)とがあり、男選びは雌豚さんが強大な決裁権を有している。絶対の掟である。

建前さんが損得勘定で、どれだけ

「この男は学歴も良くて、収入も高くて、家柄も良くて、他の女たちにいい男捕まえたぞって自慢できるわ!!」

と主張しようと、ひとたび雌豚さんが

「あいつ何かキモい臭いするし、そもそもまだセックスしてねえし。ドキドキしねえわ」

と言えば、その高学歴高収入の男はキモくて仕方ない奴になり下がる。

 

「それよりさ、先週酔った勢いでセックスした課長(既婚)とまた会いたい!またあの人と飲みに行ってセックスしたい!」

と、雌豚さんが言おうものなら、建前さんロジックなどいともたやすく捻じ曲げられてしまうのだ。けだし鶴の一声と言うべし。

雌豚さんは、子宮の奥からじわじわと幸せな脳汁を分泌し、女の人格を乗っ取ってしまうのである。

ゆえに男がアプローチすべきは建前さんの方ではなく雌豚さんであるし、雌豚さんを呼び出すには身体的な接近が必須の条件である。

さらに論を進めて、100%の雌豚人格にお出まし頂き『面接』してもらうには、セックス以外に方法は無い。

女の内部の奥深くに隠された肉欲人格(6歳児ふう)に気に入ってもらう事が、とても大切である。だからセックスが必要なんだ。

セックスが必要ゆえにその前段階としてアポが必要となる。アポの重要性がお分かりだろうか。

非モテは、女性について、アニメだとかテレビだとかコテコテの建前人格の女たちばかりを見て学習する。あれが女だ、俺は女の全てを理解した、とか考えている。(笑止を通り越してもはや悲劇だ)

当然、アニメやテレビでは言語情報で全てを表現しないといけない。そう言う表現形態なのだ。その世界では男女は言語のやり取りのみで恋心を高め合ってゆく。

夢と現の区別がつかない非モテたちは、こうして言語文字の情報伝達を価値高く見積もり過ぎるようになる。

で、キモい長文のメッセを送る。

それが女の心に届くと心底思ってる。

 

だが、女は

「ぬうげえええええぉぉおああ!!!超キモいんだけどおおお!!!」

と、思う。

男が雌豚さんをないがしろにしているからだ。

 

怒った雌豚さんは子宮の奥から吐き気を催す脳汁をドバドバ分泌して、その男をキモい認定に処する。たとえそれがお医者様であっても石油王であっても。

さてご質問の方に戻ろう。

と、お答えした。

 

ちなみに研修医さんは優越的地位にあって、看護師さんやその他のスタッフさんからモテにモテるので、そうなると技術なんか要らないって意図で確認した。

お相手は同じ地位の女医さんだそうだ。なるほど。

職場恋愛であろうとナンパであろうと、実はやることは同じなんである。それはすなわち、アポってセックストライである。

はい、唱和!

アポってセックストライ!

アポってセックストライ!

ところで。

 

僕には積年の謎がある。

女たちはどこでどうやって学習してくるのか分からぬのですが、この『アポってセックストライ』の脈絡を完璧に知ってるのだ。

経験値の差なのか?

いや、経験を経験値に転換するものはそいつ頭の良さであるから、個体として出来の悪い非モテ男たち(顔も悪く頭も悪い)は、苦い経験を全く経験値に転換できなくて、永久に非モテ地獄を彷徨い続けるのございますが、女の場合はよほどヤバい奴を除けばだいたいこのアポからのセックスの脈絡を言わなくても知ってる。

先天的に知ってるんじゃねえか?ぐらい、よく分かってる。

不思議なことである。

だから、僕はこのご質問者の方に上のように回答した次第。

男と女の関係で、正々堂々と爽やかに口説くべし。

 

一緒に食事して、意味のないお喋りをして(理論的な議題になると女の人格が建前さん優位になり醒めるから注意!)、バーとかカラオケとか言って、身体の距離を近づけて、手を握ったり、軽くキスしたりして、雌豚さん(6歳児ふう)にお出まし頂いて、丁寧にご挨拶するんである。

雌豚さんはあまり言語が得意じゃない。よってわかりやすい言葉で口説く。

あとはお楽しみである。

まとめになるが、ほとんどの女は何故だかアポってセックスの脈絡を知悉しているため、正面から口説いて良い。

負けたら負けたで、男が女を正々堂々と口説いて負けたのだからそれまでだ、と爽やかに負けを認め、以降は同僚として接する、で、何も問題は起こらない。

この点に関して女は非常にフェアだし、サッパリとしている。なんとも不思議な事である。

つづく。

 

 


おすすめの記事