人気記事
オナ禁【夢精が起こる理由】15日目~60日目の脅威。精子作成・睾丸構造の仕組み

「なぜ夢精は起こるのか?」

そのメカニズムを知るためには、「金玉の構造」についての理解が必要になる。

 

今回は、夢精が起こる仕組みを知るために、金玉の構造についての話をする。

なぜオナ禁中には夢精が起こるのか。

この記事を読めばわかるようになっている。

 

簡単に答えを言うと、金玉の精子管は"パイプライン"みたいな感じで、「精子が溜まる構造」になっている。

みんなオナニーを頻繁にするから、そのパイプラインに"良質な精子"が全然たまらない。
常に薄まった精子がある状態になっている。

その薄まった精子は「悪質な精子」である。

夢精は、その「悪質な精子」を自動で排出する機能なのだ。

 

だから毎日オナニーに明け暮れていた君が、急にオナ禁を始めると夢精は必ず起こる。

オナ禁をして良質な精子がパイプラインに溜まり、薄まった精子を排出しようとするときに起こる。

夢精が起きても、一切気にすることはない。

今後もオナ禁を継続して、徐々に良質な精子で金玉を満たしていこう。

 

今回は「夢精が起こるメカニズム」を超絶細かく解説する。

 

【保存版  "オナ禁の効果"】

    夢精が起こる原因・仕組み

    オナ禁をすると、必ずと言っていいほど夢精する。

    夢精の問題を克服する事は、オナ禁で次のステージに進むには絶対に欠かせない。
    苦節の末、僕はある法則を見つけた。
    夢精を克服したのだ。
    夢精する場合は、過密にオナニーをしていて、突然オナ禁を始めた場合にのみ起こる。
    夢精しない場合は、基本はオナニー禁止で生活して、たまにのセックスで(およそ週一以下の頻度)で射精する生活を長期に続けて、そこから禁欲しているケースだ。
    オナ禁が長期化しても夢精の恐怖は無い。
    なぜだろうか?と考えた。

    精子の熟成には時間がかかる

    精子は、熟成にかなり長い時間を要するらしい。
     

    精巣-精子

    精巣の中には、精子を作る場である精細管(せいさいかん)と呼ばれる直径数百μmの管が蛇行しながらびっしりと詰まっており、その管の内側で精子の元になる精祖細胞(精原細胞)が減数分裂を経て、精子になる過程(精子発生、あるいは精子形成)が起こっている。

    出来上がった精子は、管の中を流れていき、精巣の端に集められ、精巣の隣の精巣上体へと運び出され、そこで成熟し、射精を待つ。

    ヒトの場合、精巣上体で最大10億程の精子が貯蔵できると考えられている。

    精子発生は、体温よりも温度が低くないとうまく進まない。

    精巣が陰嚢の中にあり、体外にぶら下がっているという構造は、精巣の温度を体温より低く保つのに役立っている。そのため静脈血(比較的低温)が動脈血(体温)に巻きつく様に位置している。

    (wikipediaより抜粋:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B2%BE%E5%B7%A3)

    精子形成-期間

    人間の場合は、精子形成の過程全体は74日[5][6] (トリチウム標識生検による)から、約120日[7] (DNAクロック測定による)かかると推定されている。

    管などをとおる時間も含めると、3ヶ月を要す。

    精巣は毎日2から3億生成されている。[8] しかし、約半分、または1億のみが、成熟した精子になる。[9]

    (wikipediaより抜粋:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B2%BE%E5%AD%90%E5%BD%A2%E6%88%90)

    キンタマは細い管が詰まっていて、その管を精子はゆっくり時間をかけながら成熟して行くと言うのだ。
    教科書的には、精巣には細い管がびっしり詰まっていて、そこを減数分裂しながら精子の元となる粗細胞が進んでゆくと言う。
    期間は74日から120日。
    キンタマで作られた精子が、精巣上体(副睾丸)に送られて、ストックされる。

    精子形成-所在

    精子形成は、男性生殖器系のいくつかの構造内で行われる。
    初期段階は精巣内で起こり、その後、精巣上体へ移る。

    精巣上体では、配偶子が成熟し、射精するまで保存される。

    精巣の精細管から、これらの過程は起こる。
    精細管の壁側には、幹細胞があり、そこから分裂が始まり、管の最も内側の部分に進むに従って、発生が進む。成熟は精巣上体で起こる。

    (wikipediaより抜粋:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B2%BE%E5%AD%90%E5%BD%A2%E6%88%90)

    一本の管が、つづらに折り重なっているのであろうか。毛糸の玉のようである。
    要点は2点だ。
    1.精子の製造工程は、細い管の道を、ゆっくり時間かけて進む。
    2.精子は作られるまでに長い時間がかかる、在庫はトコロテン式に押し出される。
    ふむ。

    若者の精子が少ない理由

    ところで話は変わるのだが、若者の精子と、40台のオッサンの精子を比べたという話がある。
    ソースはちょっと探したけど無かった。
    何かの新聞の記事だったと思う。一つの例え話として考えていただいてよいだろう。
    若者の被験者群が一回の射精で発射した精液には精子が2000万と少なく、オッサンの群は一度の射精でタップリと2億〜4億もの精子が出ているよ、と。
    次に精子の質に目をやると、若者の精子はほとんどが奇形や欠損でピクピク痙攣していて、元気に泳いでる精子は視界に入るだけで2、3匹のみ。
    かたやオッサンの精子は、あたかもイワシの大群が踊り狂うが如き活況を呈していて、おびただしい数の精子がオラオラーッ!と泳ぎまくっている、と。
    書いた人は、環境ホルモンの影響で若者のキンタマがダメになっているとかいう。
    若者の草食化は精子の数にも如実に現れているぞと嘆く。または、商品を売りつけようとする。
    サラダ油が悪いので、この新開発の油を使いなさい、とかね。
    ばかめ!!オナニーに決まってるだろうが!!
    僕は一喝したくなる。

    夢精の対策はオナ禁しかない

    若者と、オッサンの生活で、否、性に関する生活スタイルにおける決定的な違いは、エロ動画観てのオナニーだ。
    単純に禁欲の期間と、オナニーの頻度の違い。
    当然、若者の精子もオナ禁すればすぐさまイワシになる、というのが僕の持論である。
    ここに僕は夢精の答えの一端が見えた。
    まともな精子、すなわち良い形をして高い運動能力を持った精子は、ゆっくりと時間をかけて成熟するのである、と。
    オナニー中毒のキモオタは次から次へと精子が未熟なまま射精するから、じっくり成熟する暇が無く、奇形で運動もしない出来損ないの精子を次々に戦場へ送り出している、と考えられるのである。
    オナニー猿の文字通りパイプラインに詰まっている精子の在庫は、粗製濫造の出来損ないばかりなのだ。
    長くて120日ぶんの不良在庫が、長い管のなかにびっしり詰まっている。日々のオナニーにより、質は粗悪でいいからどんどん出せ!と急かされている、と。
    故に、オナ禁開始して、じっくりと精子を育てられるようになって、質のいい精子がトコロテン式に管の中を押し出されてきた場合、オナ猿生活で適当に作った粗悪の精子はマジで要らない不良在庫、ということになりはしないか、だから在庫一新のために悪い精子は捨てる必要がある。
    僕の推論と言うか結論。
    夢精は、オナ猿時代の粗悪な精子の在庫74日~120日分が、全部吐き出されるまで起こる。
    じっくり時間をかけて作った良品の精子が74日~120日の『パイプライン』上に満たされると起こらなくなる。
    事実、何度か夢精を繰り返したりたまにのセックスで射精したり、その一方でオナ禁歴が長くなってくる(半年とか)と夢精はしなくなる。
    夢精の対策は、良質な精子をじっくり成熟させつつ、粗悪な精子を出し切る事である。オナ禁しかない。
    夢精-原因
    睾丸内での精液の生産サイクルに基づき、睾丸に溜まっている古い精液が新しい精液に押し出されて溢れ、古い精液を自動的に排出する、とされているが、古い精液はたんぱく質として身体に吸収されるため、何故夢精という現象が起こるのかはまだ詳しく解明されていない。
     精通はしたものの、まだ自慰を知らない、習慣化していない思春期の始めあたりの男児に多いが、個人差があり自慰をするしないに関係なくしない者はまったくしない場合がある。

    (wikipediaより抜粋:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A2%E7%B2%BE)

     

     

    夢精最大のデメリットは「オナニー中毒の再燃」

    夢精について書いてきた僕だが、自身、かなり夢精には苦しんだ。
    禁欲がいい感じに進んで、効果が高まってきた時に突如起こる夢精。
    しかも、自分にとって最もそそるシチュエーションの性夢を見るのだ。
    「よりによってこれかよ!!」と。
    性夢に負けてしたたかに絶頂。ガバッと起きる。
    必然的に、とんでもない量の精子が出る訳なので汚れた下着を洗濯カゴに投げてまた寝ればいいなんて呑気な状況では無い。
    夜中に虚しく風呂場でパンツを洗わねばならぬ。
    スリーピングフェアリー。魔物である。
    夢精もまた射精なのでそれまで得ていたオナ禁効果は減弱し、気力はダウンするのはもちろんだが、実は最も大きなデメリットは、オナニー中毒の再燃である。
    夢精は、喩えるならニコチン中毒の治療中の人が寝てる時に、無理やり火の点いたタバコを咥えさせ、ニコチンを肺に吸わせる行為だ。
    意思で封じ込めていた中毒が、不意の快感によって、堰を切って雪崩れて来る。
    オナニー癖の再燃を耐えるのは容易ではない。
    夢精をしても、またオナニー中毒の再燃に至るのだけは避けてほしい。
    また一からコツコツやっていこう。
    をはり。
    【保存版 "オナ禁の効果"】

     

    【宣伝】

    「オナ禁カレンダー」を作りました。
    アナログなやり方ですが、カレンダーに〇を付けていくのが、オナ禁継続に一番いい方法だったので、この商品を作りました。

    よければオナ禁継続に役立ててください。

    (オナ禁継続を鼓舞する言葉も入れました)

     

    【社員日記】

     

    【読者のオナ禁体験談】


    おすすめの記事