人気記事
ここまでの知識で勤め人を卒業する方法を考える

僕は心底から勤め人が嫌だ。

「絶対に勤め人を卒業する」
そう考えて、人生の時間を費やしたきた。

今これを書いている時点では、不本意ながら、勤めにより口を糊している境遇である。

今や勤め人卒業のために全知全能を絞ることが、生きがいの大部分となっている。(2017年当時)

みんなの中にも僕みたにブラブラ自由に暮らしたい人はいると思う。

少しの努力と考えで、勤め人は卒業できる。

 

このブログを通じて、勤め人を卒業する方法を紹介していく。

 

本ブログ(聖帝日記)の趣旨について

⇒【勤め人を卒業する方法を「ラジオ」で聞く

 

勤め人を辞めて、やりたい事がたくさんある。

勤め人の世界によくある「いいからやれ」を言われると、地団駄を踏んで激昂していた。
基本的な精神は今も変わらない。

誰かにやれと言われて取り組むのは大嫌いで、やりたい事を自分で見つけ、自らその意味を見つけ、自らの意思でそれに取り組む場合にのみ、熱くなれた。

 

勤め人を辞めて、やりたい事がたくさんあった。
だから、どうしても勤め人を卒業したかった。

当然僕には覚悟もあった。

 

勤め人なんか頑張っても無駄

こう言う事言うと怒られちゃうかもだけど、勤め人の仕事って、頑張っても全然給料は上がらないから。

だから、頑張って努力して、成長してスキル付けて、それで給料が増えて俺の生活は豊かになるだろう、と言うストーリーは完璧に間違い。

上司やマネージャーが見せる嘘の未来。

はっきり言うと、勤め人なんか頑張っても無駄で、頑張っても給料は増えないし、給料が増えるとそれ以上の仕事が待ってる。

それが資本主義下での労働者のルール。

ま、適当な仕事してると上司は真っ赤になって怒るけど、中の下~下の中ぐらいの仕事を維持していれば、そうそう簡単に首切られる事はないので、そこは大人しく怒られておけば良い。

あまり酷ければ、録音しとくといい。
パワハラ材料に使える。

成長とスキルを獲得するため頑張ってるお前に残酷な事を言うけど、仮にもし、お前の給料が増えるとしても、多分それは、お前の人生のステージが色々変わって生活に必要な経費が増えてるから、それで給料が増えてるだけかもしれない。

やっぱり成長とかスキルはあんま関係ない。

生活維持の経費が増えたのだから、結局、お金は残らず苦しいまま。

 

【給料の決まり方】あなたの収入が低い理由 〜とある普遍の法則について〜 

労働力を温存し、まずは貯蓄に励む

「じゃあどうすればいい?」という話に入る。

まずは、勤め人を頑張らない事。

激務で消耗するなんて問題外。
つまらない見栄やプライドを捨てる。怒られても気にしない。

体力、気力、そして時間、を余らせた状態で帰宅する。

労働力を使い切らない事が鍵だ。

余らせた労働力で、アルバイトをする。居酒屋でもコンビニでも引っ越しでもいい。

過度な節約生活はせず、毎月、貯金を作る。
栄養と睡眠を大切に。

自身の疲労には気を配り、命削ってる状態は避ける事。

 

【貧乏・経済的苦境に立たされた時の選択肢】労働力再生産の罠を見切る

ブラック激務の勤め人が貯金できない理由【労働力という商品】

「生産設備」を持つことで、初めて勤め人卒業が見えてくる

勤め人の給料と言うのは労働者の生活を維持させるためのお金なのだから、生活費はカバーできる。

この給料の決まり方は資本主義のガチガチルールの一つだから、食っていく事についてはまず問題ないはず。

この理の外側からお金が入ってくると言う事がどれほどの事かと言うと、まあ、もの凄い事なのであります。

純粋な貯蓄になるのでございます。本来、資本主義世界では労働者が手にすることは許されていないはずの、『純資本』を、アフターファイブのアルバイトで稼げたのだ。

革命が起こったと言える。

そしてバイトで貯めた『純資本』は、いずれ『生産設備』へと繋がっていく。

『生産設備』を持つ事で、晴れて、事業者の仲間入りとなり、勤め人卒業が現実的な話になってくる。

このへんの話はまた詳しくしていくとしよう。
今日の記事は、「じゃあどうすればいい?」のくだりがメインなので、そこに注目しておいてほしい。

 

次回:資本主義の重力によって、人は魂を縛り付けられる。

 

【関連】

【白熱教室】ブラック企業のサビ残にキレて、未払い残業代を請求し170万円ゲットした方法

なぜ、副業をすると貯金が増えるのか?余った時間でアルバイトをするのもあり。

働かない「窓際社員のおじさん」が、頑張っている僕より給料が高い理由

【お金持ちの行列の最後尾で見た光景】不動産を買い、大家の会合に参加する


おすすめの記事