人気記事
【勤め人卒業のための女選び】まずは、見栄を張るための"美人狙い"を降りる事から始まる。

勤め人卒業の第一歩は、まず、無闇な美人狙いから降りる事だ。

美人というやつは不思議なもので、身体の端から端のパーツまで隈なく美しいので、セックスするとかなり感動するのだけど、僕は勤め人卒業するほうが嬉しいと思いますので、

『働き者で、アラツーで、心の美しい、普通の美人』

で、手打ちとしている。

これは僕の偏見かもしれないが、突き抜けた美人はコストがかかり過ぎる。消費主義と見栄張りに鬼気迫る勢いで一生懸命なのだ。

とにかくお金はガンガン遣うし、あれ欲しいこれ欲しいがすんごい。あと家事とかぜんぜんやらない。

資本家の相棒として、よろしからず。

ナンパに打ち込んでいると、時として結構な美女とセックスする事がある。

美女は確かにセックスが気持ちいいので、しばらく関係を続けるのだが、誰一人例外なく浪費家だったし、テレビの洗脳をモロに受けていて、話が合わない事は多かった。

最悪なのは、僕が家でゲームを始めると、キレ出す事だった。僕のゲーム狂いに文句言ってくる女など、問答無用で即刻お払い箱である。

人には『逆鱗』というものがあるのだ。(ゲームのくせにw)

女どもはよく覚えておけ。

んでですよ、一方の心の美しい女というのは、いそいそと僕の部屋に来て家事をして、僕のゲームする時間を増やしてくますな。

これは素晴らしい事でございますな。

一緒にご飯食べて、セックスして寝て、朝もいそいそと家事をしてくれて、メシ作っていつの間にか帰っておりますな。

一日中ゲームしていてもメシは食うし夜は寝ますよな。それを一緒にやるだけですな。

いい女は男の時間を増やしてくれる。

悪い女は男から時間を奪ってゆく。

資産家の相棒として仲間にすべき女は明らかだ。

ただ、この手の女の中に何故か突き抜けた美女は居ない。良くて中の上。不思議な話である。

確かに男なら誰もが振り返る美人を横に歩かせたいものであるが、勤め人卒業するんなら、そこは半分諦めておこう。

こう考えると良い。

顔の醜いキモオタほどウルトラ美女に妥協なく拘っていて、これは男女を逆にしてもそう。アイドルのおっかけとか。

あの現象は要するに自分の顔がキモイから、美女(美男)の遺伝子で中和したいと願っている訳だ。

「俺はイケメンだ」

と思う事。みだりに超美女を願うのは、生き物として弱い奴らの軟弱な行動と断ずるのである。

イケメンは、自分のイケメン遺伝子加算で、多少ブスが相手でも美しい子が産まれると考えて、配偶者選びをしているはず。俺がまさにそうだぜ、ぐらい思っておく。

これが第一歩だと思う。

をはり。


おすすめの記事