人気記事
勤め人に適した副業"5選"。ホリエモン儲かる商売の鉄則を厳守する。

かつて人類が家畜化できる動物が限られていたように、勤め人が片手間でできるビジネス(副業)も限られている。

これを僕はひとまとめに、「聖帝の五大小商い」と呼んでいる。

聖帝五大小商い
・不動産
・ブログアフィリエイト
・転売
・イベントビジネス
・ダウンロードコンテンツ
以上が勤め人でも可能な商売だ。
これらの商売は堀江貴文さん「儲かる商売の4つの原則」を満たしているものが多い。

それは「小資本で始められて、在庫が少ないかあるいは在庫をもたず、なおかつ安定収入があり粗利率が高い」

 

今回はサラリーマンに向いている副業の話をする。

 

今回の話ネタになるのは、ジャレドダイアモンド先生。

進化心理学とかにすげー詳しい。
サピエンス全史みたいなのが好きな人は絶対にハマる。

by カエレバ

 

 

 

数千種の大型哺乳類のうち、家畜化できたのはたった数種類

「銃・病原菌・鉄」、そして家畜

「勤め人の傍らにどんな副業をすると良いか」という話題の枕として、この家畜化できた動物の話を聴いていただきたい。
皆さんはジャレッド・ダイアモンド先生の『銃・病原菌・鉄』という本をご存じだろうか。

これは「なぜヨーロッパ人、つまり白色人種がアメリカ大陸を簡単に征服するに至ったか」を考察している本である。

その決定的な要因となったのが本のタイトルである「銃・病原菌・鉄」なのだが、この本の中に“ウマ”という大型哺乳類の家畜の話も出てくる。
スペインの探検家「ピサロ将軍」は、たった30数頭の騎馬隊で何万人もいるインカ帝国の兵隊たちを蹴散らし、小が大を駆逐する結果となった。

白色人種がネイティブアメリカンを蹂躙できた理由は「銃」の他にウマ(=騎馬隊)もあったのだ。

 

“ウマ”が家畜化できた理由

白色人種のアメリカ征服に一役買ったウマだが、「なぜ家畜化できたのか?」というと、人間によく懐くからである。

これは当たり前のように思えるが非常に珍しい。何千、何万種という数の哺乳類がいて、人間が家畜化できるのはほんの一握りなのだ。
家畜化できる条件の“ピース”とも言うべきものが揃った動物でないと家畜化はできない。

「懐く」という他に「怒りっぽくない」、「臆病過ぎない」ということが挙げられる。

例えばサイは大型の哺乳類だが、怒りっぽすぎて家畜化できない。他にはシカ、これも家畜化には向かない。

臆病すぎてすぐパニックになって頭をぶつけたり、脚を折ったりして騒ぎ出すのだ。

 

副業としてできるビジネスもたった数種類

現在人間が家畜化できている動物たち、ウマ、ヒツジ、ヤギ、ブタ、ウシ、ニワトリなどは家畜化においてのNG要因がないために家畜化できている。

数千、数万種の哺乳類の中で家畜化できるのはこれら数種類であるように、「勤め人が副業としてやるにあたって好適なビジネス」はいくつかに絞られる。

次の章では「どんなビジネスモデルが適しているか」を話していく。

 

【質問】マイナンバーで副業がバレてクビになるのが恐いです。どうしたら良いですか?

小資本で在庫が少なく安定収入で粗利率が高い商売

儲かる商売の4つの原則

さて、勤め人をやりながらできる副業に必要な“ピース”の話だ。

これはホリエモン、堀江貴文さんが言っていた「儲かる商売の4つの原則」を満たしているとよい。

それは「小資本で始められて、在庫が少ないかあるいは在庫をもたず、なおかつ安定収入があり粗利率が高い」
この4つを満たす商売が失敗しようがない商売であるという。

これはそのまま勤め人の副業にも当てはまる。

ビジネスは何万種類もあるが勤め人をやりながら、という条件に適したものはそんなに多くないのだ。

サウザーの五大小商い

この原則に則った副業ビジネスをサウザーの五大小商いと呼んでいる。

私も実践している「不動産賃貸業」、広告収入で稼ぐ「ブログ、アフィリエイト」、本や、DVD、はたまた子供服などを転売する「中古品転売」、アプリやオーディオブックなどを開発して売る「ダウンロードコンテンツ販売」、街コンや婚活パーティを企画する「イベントプロデュース、サロン運営」、これらが勤め人の副業に適したビジネスである。

他にはココナラやランサーズなどで自分の技能をサービスとして売るというものもある。これらのビジネスを中心に副業を考えてみてはいかがだろうか。

そして逆説的な話になるが、勤め人を卒業するとその他何万種というビジネスにアクセスできるようになる。

そのために勤め人卒業を目指そう。

再见。

 

後記

この記事の元ネタになった本、「銃・鉄・病原菌」。ジャレド・ダイアモンド先生つって、「人間が今の形に至ったのはどうしてか」みたいなことをたくさん教えてくれる。

一応言っとくと、全然必読じゃない。

恋愛工学的な『進化心理学』にハマった人にはおすすめかもしれん。

まあビジネス書の効用全てを否定はできんが、僕はビジネス書よりこういうった本の方が好きかな。

「なんの役に立つんだ?」って本はあとあと効いてくる。
今ボイシーで喋れているのも、実際そういう本を読んできたからだ。

【関連:ラジオ】

かんたムメモ

僕がやってきたアフィリエイトビジネスはまさしくこの原則に当てはまる商売です。
まずもってして、
・小資本で始められる(1~3万円)
・在庫がない。マジでゼロ。
・一度サイトを築いてしまえばまあまあの安定収入。
・ほぼ粗利。原価はかかってない。
色んな起業家さんのバックグラウンドを見ると、大抵ヤフオク転売とかアフィリエイトとかからスタートしています。
アフィリエイトは絶対に失敗のないビジネスです。
だってお金がかかりませんので!

ビジネスの業界に入る第一歩目としては、これほど安全に学べる商売はないでしょう。
アフィリエイトをやる前はこんな観点なかったですが、改めてビジネスマンにとってアフィリエイトスキルは相当でかいなと思わされる次第です。
副業やビジネスで何をやればいいかわからない方は、アフィリエイトをおすすめします。

 

【ゆるふわ関連コーナー】

なぜ、副業をすると貯金が増えるのか?余った時間でアルバイトをするのもあり。 

【質問】そもそも『商品』とは何か?聖帝が持つ「自身の商品」とは不動産?

家、車、女を制する者は、人生を制する。【生活の維持費(固定費)を下げる】 

 

次回:第八話「ブラック企業はいかにして勤め人を搾取し儲けるのか」


おすすめの記事