【質問】マイナンバーで副業がバレてクビになるのが恐いです。どうしたら良いですか?

質問者
マイナンバーで副業がバレてクビになるのが恐いです。
どうしたら良いですか?

 

つい先日、このような質問を受けた。

結論から言ってしまうと、こんなことで悩むやつ奴は副業なんてやらないほうがいい。

無理。絶対稼げない。
というか、副業やっても稼げないと思うから、その悩み杞憂な気はする。

副業といえど、一つのビジネスを自分でやるのだ。

自分で情報を集めて、自分でリスク・リターンを計算。そして自己責任での実行が基本。

もし問題が起こったら自分で自分のケツを拭く。

 

それが怖いのなら、のんびり勤め人をやったほうが幸せだろうに。

結論は以上。

 

今回は、この質問をしてきた彼についての考察記事だ。

 

 

サウザーの白熱教室
日常の中で、空いている耳を活用して学習できるオーディオブック「白熱教室」を作りました。 テーマは専ら「カネと女」です。
車の運転、料理、掃除中のお供にぜひ。

マイナンバーで副業がバレるのが恐いです

ちなみにこれ、リアルの奴から質問を受けた。

聖帝(勤め人中)
その質問をしてる時点で、お前には才能ないから真面目に勤め人やりなさい

と返してやった。

「ウス!承知しました!」

と返って来た。

 

こいつ分かってんのかな?と思って、オイ!と呼び止めて、

「職場で二度と副業の話すんじゃねえぞ」

と釘を刺しておいた。

 

「ウス!承知しました!」

と言っていた。

「本音で思った事を言うのが正しい」という価値観

今を去ること1ヶ月前、この4月から、この質問をしてきた彼は突如として職場の環境とは社会階層が違うなーって感じで紛れ込んできた。
困惑の現象を昇華し、この記事にする。

僕の勤め人の職場は、まあ言ってみれば高学歴ゆるふわホワイト企業である。
既得権益をみんなで仲良く貪り食いながら、社員同士は馴れ合っている。

今日び珍しい天国みたいな職場だ。

ここに何を間違ったのか、ガチのFラン大学出が紛れ込んで来た。

僕も初めて見る人種である。だらしない佇まいで、とりあえず非モテなのはすぐ分かった。

女たちは更に鋭敏である。

わずか2週間で女性社員らが無視し始める。

「あいつキモい、マジ無理」

と。

ふむ。

僕もあまり意識することは無かったが、問題の彼は、

「何でも本音で一直線に思った事を言うのが正しい」

と言うのを流儀としているらしい。

こいつは馬鹿だなー、と思った。

職場では本音をひた隠し、皆の馴れ合いが円滑に進むよう、思ってもみない事を演技するのが肝心である。

会社は舞台だ。スーツは勤め人の作業着であると同時に衣装。自分を偽るための仮面なのである。

言葉の端々はもちろん、顔色まで高度にコントロールしてこそ一流の勤め人芸であり、これが出来て初めて、超速で仕事片付けて家に帰れるのである。

 

【就職・転職の面接で受かる方法】とにかく本音を隠すこと

『意味を考える』という事が出来ない奴

つまり、この職場では

「平和に馴れ合いを続けて行きたい、なのでお互いの仕事にゴチャゴチャ言うのは止めような」

と言う不文律を理解する事がその第一歩である。

これは、職場の空気を読むしかない。読解力の試験である。

Fランの彼は、「俺はそう言うの分からないんで」と言う感じで、微妙な空気で成り立つ不文律を踏み潰して回っている。

僕も当初は、おお!いいね!いいね!と、思って生暖かく眺めていた。

だが、この彼は僅か1ヶ月であっと言う間に職場で孤立し、女たちから嫌われ、誰も仕事を教えようとしなくなり、もう辞めるのも時間の問題だろうなあ、と言う状況である。

本人は、訳が分からない様子だ。

居なくなる前に、と思って、ちょっと話を聞いてみた。

中学の時に入ったある運動部では、いきなり監督に嫌われて、ずっとグラウンドで立たされていた。1週間毎日立たされて、それでも帰らないでいると、今度は草むしりをさせられた。

「は?それ、何で帰らないの?俺なら2分立たされたらすぐ帰るよ?1週間も立ってて、時間もったいなくないか?」

「いやー訳が分からないッスよ」

との事であった。僕のほうが訳が分からない。

自分に才能があると思ってたから耐えてたんか?そのスポーツでは結局一流になれるとこまで行ったん?

「いやー試合に出た事も無いッスね」

との事だ。

『意味を考える』

という事が出来ない奴らしい。根本的に頭の回転が鈍いのだ。

常に動物反射的に生きてきたのである。
大学時代はパチスロしてタバコ吸ってただけで何もしてない、と、それが素晴らしい事であるかのように、誇らしげに言っていた。

 

【楽な仕事の見つけ方】どんな会社・業界を選んだらいいか。

問題が起こったら自分で自分のケツを拭く

ここまでの奴とは僕も今まで接点が無かったので結構新鮮だった。

『仕事の意味』という話になり、僕は不動産を買って自由になるためのタネ銭だ、と答えた。

馬鹿はストレートに言わないと分からないからだ。

すると、

「オレも副業で生きて行きたいんスよねー!雇われはやってらんないッスよー!」

と、目を輝かせて反応するのである。

ああ、こいつ馬鹿だわ、どうしようもないわ、と思った。

 

僕は自分の心の扉が音を立てて閉まるのをハッキリと感じた。

ここで冒頭の、

「マイナンバーってどうするんスか?副業バレたら恐いんじゃないんスか?オレにも副業教えてくださいよー」

である。ご案内の通り、お前には無理だから真面目に勤め人やれやクソ野郎、と冷たく言い放って終わり。

こいつはもって半年だろうな、と。

階層が違う人間同士の接触はお互い不幸なことである。

最後にマイナンバーの話ね。自分で情報を集めて、自分でリスク・リターンを計算して、自己責任で実行。

もし問題が起こったら自分で自分のケツを拭く。

そういう事だと思う。

 

 

【行動する人、しない人】紙にペンで書く習慣が、両者を分かつ

質問【今の時代に大企業に就職すべきか】身につけておくといいスキルは?

【相談】社長向きか、勤め人向きか

 

【アフィリエイト講座】


おすすめの記事