「女は優しくて物腰の丁寧な男が好きだ」↔「女は強引で自信家でオラオラな男が好きだ」

そろそろカネだとか商品だとか資本だとか言うのも飽きてきたので、精子とかセックスとかの話に移行して行きたいと思う。(質問があれば何でもドシドシ聞いてくれよな!)

まあ肩慣らしていどから行こうか。

今パッと思い付いた非モテ男診断テスト。

女は優しくて物腰の丁寧な男が好きだ。

女は強引で自信家でオラオラな男が好きだ。

さて、どちらが正しいでしょう?

素直な非モテ男の場合、女は優しい男が好きに決まってる、と答えるだろう。

恋愛術をちょっと齧ってる人なら、オラオラが好きだよ、と答えるかもしれない。

だが、これは一概には言えない。

たとえば、この設問に『セックス』という座標を設置したらどうなるだろう。

優しくて物腰の丁寧な男のほうが女とセックスできる。

強引で自信家でオラオラな男のほうが女とセックスできる。

と言う設定であれば、明らかにオラオラの方がセックス出来る。

セックスと言うのは具体的で客観的な生物的利益の指標となるが、好きと言うのは流動的で生物的利益に直結する訳でもなく、指標になりづらい。

ナンパする人は、本人の性格が優しい奴であっても、テクニックによって強くリードする男を演じる。なぜならセックス出来るから。(非モテはここメモね)

女は口では優しくて丁寧な男が「好きだ」と言うが、セックスはさせない。

女は口では強引なオラオラ男は「嫌いだ」と言うが、セックスはさせる。

僕は長年不思議だった。

「優しくて丁寧な男が好きだ」

と言う情報は、女側が発信するものであろう。

ところが、昨今では本当に世の中優しくて丁寧だらけになってしまって、女たちは上手く性欲スイッチをONに出来なくなってしまった。

そう言う女性たちが、今まさに進行中の日本人大淘汰によって、消されようとしている。

なんでこんな愚かな事すんのかな?

と、思っているところに、こういうツイートがどこからともなく流れてきた。

僕はこのツイートの主を揶揄するつもりや異を唱えるつもりは一切無い。単純に、現代の滅びゆく女性たちの価値観を端的に表現しているなあ、と思っただけで。

中心の価値観とは、

「安っぽく見られたくない」

である。要は、

「持ち物の端々までたゆまず神経を行き渡らせ、新品を買い続けろ」

という事になるんだろうかな。お金を遣いまくれる事が偉い、高っぽい、的な。

ボロい靴を履きつぶすまで履くとか、ボロい中古車を限界まで乗り続けるとか、そう言うのは悪であるらしい。脚の爪とか別に金かけても仕方ないでしょ、と、野暮な僕は思うのだ。

子孫繁栄という化石の様な価値観を、僕は信じている。この大淘汰の時代を生き延びねばならん、と。

豊かな消費文明を享受する事、その生活スタイルを1秒でも長く続ける事、がゲームの目的なのだとしたら、セックスはする必要はなくなる。

だから、消費主義の強固な女性たちは、人間という動物の生殖について語ると「優しくて丁寧な」とか、変な事を言うんだと思う。

ま、そんな所で今日はこれまで。

もっと非モテをなんとかしたい入門者向けに体系立てて書かないと、こりゃ意味分からんなと大いに反省しながら。

をはり。

 

【関連】


おすすめの記事