人気記事
【社員日記禄】麻雀のすすめ。ゼロ円さんという人。

こんにちは、かんたムです。

総勢10人近くお招きした今回の決起集会は、ゼロ円さんご一行を最後につい先ほど幕を閉じました。

 

20日(金)にデザイナーのお二方AKILAさんしーたさん、足立先生をお招きした今回の集まりは、金土日月と3泊4日になりました。

常に動いておられた聖帝もお疲れのようです。
そりゃ、ほとんど寝ておられませんからね....。
(ちなみに寝てないのは仕事をしていたせいではありません)

 

 

麻雀はできたほうがいい

もし聖帝とお近づきになる可能性がある方は、麻雀の練習しといたほうがいいです...。
足立先生もゼロ円さんも、みんな麻雀大好きですから。

麻雀できないと、ほんとついていけなくなります。笑
僕も昨日から、寝る前の読書時間を、「アカギ」に費やしています。

足立先生、本当にアカギだけで、麻雀ができるようになるのでしょうか。

まあ「まずはやってみる」の精神で読み進める所存です。

 

寝なくてもいけるタイプの人たち

みなさんが帰られたので一気に疲れがきたのか、聖帝は社長室()で仮眠をとられています。
客人対応に明け暮れていた連休中は休む間もなしでした。

農地、会食、麻雀、撮影、ひたすらこれのループ。

YouTube班監督のやましまさん(社員)も、暇さえあれば「撮りましょう!」と言い、ゼロ円さんや足立先生も同時に捕まえて撮影が続いていました。

これは後日YouTubeにも上がると思います。

(YouTubeの撮影)

社長の聖帝は今はもうニート感ゼロです。
むしろ大企業の社長のような、「社長!このあと10分後に会議が入っています!」そんなスケジュール感になっています。

寝ないキャラとして有名なのは、足立先生ですが、聖帝も寝なくてもいけるタイプみたいです。

足立先生の「寝てて成功するわけがない」は有名ですが、本来聖帝は「寝たほうがいいっすよ」タイプです。
ただ聖帝本人は寝なくてもある程度は行けるみたいですね。

ゼロ円さんも全然寝ないし、ほんと、すごい人はどうなっているんでしょうか。

 

ゼロ円さんという人

今回台風の影響で船が欠航になったため、最終日はゼロ円アフィリエイターさんご一行が残られる形となりました。

白熱教室を聞かれた方は、ゼロ円アフィリエイターさんの人柄をご存知かと思われます。

このゼロ円さんという方は、バリバリの実業の経営者です。
いわゆる副業やインターネットビジネス、インフルエンサーとは全く違う存在であり、Twitterにはほとんど存在しない界隈のお人です。

現在は足立塾にも入塾されているとのことで、足立塾の方は面識があるかと思われます。

ゼロ円さんの何がすごいかというと、まったく偉そうにされないことです。

15歳も年下の僕に対しても、敬語です。
それも形式的な敬語ではなく、相手を敬う敬語の使い方をされます。

心底、自分が後輩であるかのような対応をされるんです。

僕は以前足立塾で面識があったのですが、そのときはまさかこの方がバリバリの経営者で、いくつもの会社を経営されているなんて思いもいませんでした。

当時の態度は本当に、「いまからアフィリエイトを始める若いお方」といった感じです。

足立塾の勉強会でもいつも受付をされていて、僕は正直言うと、アフィリでそんなに稼いでないと思っていました。
(すいません。でもアフィリで稼いでる金額に関してはあってました笑)

ほんと、自然とそう思うくらい低姿勢なお方です。
音声では面白いことばかり言っておられますが、実際会うと、「なんだこの人は!」ってなります。

それくらい丁寧なお方なんです。
「人に好かれる人」っていうのはどういう人かがよくわかります。
たぶん9割以上の人は好きになります。

普通、人がびっくりするくらい稼いでいたら、調子に乗らないでしょうか?
自分を戒めていたとしても、「俺はすごい人間だ!」という雰囲気がどこか出てくるものです。

ゼロ円さんはそれが一切ありません。
仮にそれが演技だとしても、それはそれで底知れない怖さはありますが...(笑)

ただ演技であそこまでは無理でしょう。
心底他人をリスペクトする気持ちがないと、あのような行動には至りません。

ご飯の席なんかでも、普通に率先して水を汲んだりされますし、どんな人にも「さん」付けでとても丁寧な敬語で喋られます。

(ゼロ円さんにご馳走になったインドカレー。)

勤め人の世界にはいない人

僕も長く勤め人をしていたので、わかるつもりですが、まず勤め人の世界にはゼロ円さんのような方はいません。

なぜなら勤め人の世界では、年齢もしくは肩書で偉いかどうか決まるからです。

だから人に会ったとき、まずは年齢で他人を測る。
そしてそれで態度を決めていく。
それはそれで一つの判断基準として機能的ではあります。

ただ、こと商売になると、確かに年齢なんて誰も考慮してくれません。
先輩だから偉いなんてことが通用しないわけです。

それを意識ではなく、心底思い、滲み出るように体現されているのがゼロ円さんです。
読者の皆さんには、絶対に一度見てほしいお人です。

演技で相手を尊敬するのは簡単ですが、心底相手を敬うとはどういうことなのか。
体感してほしいです。

きっと、自分がいかに小さい人間かがよくわかります。

昨日の更新から、一貫して僕の「セミナーに行け!」という主張が続いていますが、マジでそう思っています。
僕自身が去年のセミナーに行って人生が変わったからです。

ぜひ皆さんの中にも、そう思い、人生がいい方向に向かう人が現れるのを願っています。

 

【ゼロ円さん出演音声】

 

【恋愛記事続々アップ中】

 

【カネの話】

家、車、女を制する者は、人生を制する。


おすすめの記事