人気記事
もはや人は雇えない。就職後、半年の試用期間は大人しくしておくこと。

採用面接必勝之法で述べたやり方で、目星を付けた企業に潜り込む。

半年は試用期間、というオプションが付いていたりするかもしれないので、大人しくしておくのが良い。

 

大人しく、とは、村社会の掟に従順で、職務中は一切さぼらず、真面目に働き、サービス残業も厭わない、という姿勢を取る、という事である。

出世したければ、そのままの姿勢を貫くのみだ。
そう言う信念も僕は嫌いじゃない。

 

だが、勤め人というシステム、給料というシステムでは、いくら出世したところで豊かにはなれないし、出世の先には労働力再生産の罠が仕込まれている。

働きに対してお金が余る事は仕組みの上の問題で、ほとんど期待できない。

 

人間の寿命は長くなり、企業の寿命は短命になった。

企業も終身雇用は保障できなくなっている。国家も豊かな老後を面倒してくれるだけの金は無い。

一昔前の物語が効果を発揮するとは思えないのだ。

もし、『勤め人+副業』を目指すのであれば、半年なりの試用期間後に、徐々に牙を剥き始めればよい。

 

採用面接必勝之法【就職・転職の面接で受かる方法】大切なのは"自己犠牲の精神"。

木下藤吉郎 その1【勤め人処世術】間違いなく日本史上最強の新入社員だった男の話

家、車、女を制する者は、人生を制する。【生活の維持費(固定費)を下げる】 

 

次回:【機械化と労働生産性】効率的に仕事をしても、あなたの給料は低いまま。 


おすすめの記事