人気記事
年初の計画を打ち立ててから

 

皆様におかれましては、今年の正月、2017年をどうやって過ごすか、年初の計画みたいなものを考えた事と思う。

さて、今、それを諳んじられるだろうか。

今年はこれをやるぜ!を、強く意識している人は、いったい何人居るだろうか。

2017年も既に5月である。丸4ヶ月すなわち1/3が経過した計算だが、年頭の誓いに沿って、時間は進んでいるであろうか。

大掛かりな事業になればなるほど、意志の継続と労働力の集約は大切になる。

短期にワーッと燃え上がって成し遂げられる事などは所詮は小事業であって、流されて生きざるを得ない人の「流れ」を変えるパワーは持ち得ないものだ。

人間は元来、その日暮らしの生き物である。

流されて生き、運命が変わるものだとは思えない。

決意を、忘れるからだ。

今日食べるぶんを狩猟採集で得て、その繰り返しで、日々を生きるのが人間の本来の姿であろう。

食料が安定せず飢えることもあったろうが、狩猟採集の成否はその日の乾坤一擲であって、深く考えてもしゃーないのだ。

深く考えること、要するに計画性が大事になったのは、農耕が始まってからである。

今流行りのサピエンス全史には、

「農耕は人類史上最大の詐欺だ、狩猟採集は素晴らしい生き方だった」

と、農耕はカスみたいな扱いだが、我が国においては、朝鮮半島より水稲耕作技術が入ってきて、その瞬間に稲作が日本列島を席巻したという事実を慮ると、僕にはむしろ狩猟採集生活がよほど酷い生活だったから農耕に飛びついたんだ、と考えられてしまう。

事実はそう。古代の日本人は、一朝にして狩猟採集生活を捨てて、農耕生活者になった(しばらくは猟と農の折衷だったろうが)。

ところで、もし仮に現代を生きるその日暮らしの勤め人が、縄文時代後期にタイムスリップしたとして、ビジョンと計画が何より大切である農耕が、出来るようになるものであろうか。

長期計画を練って、うまく農地を開墾できた奴は、大きな富を得られたはずだ。その日暮らしの人は、小作農になる。

この辺の事情は現代も弥生時代も変わらないと思う。

話は若干それるが、僕のお友達のモンゴル人の家は、社会主義崩壊のチャンスに上手く乗ってお金持ちになったと言う。

彼のお父さんが財を為した訳だが、騒乱で荒れ果てた街のくだらない土地を、安く仕込んで寝かせておいた、との事である。

今日の食事を我慢して、未来の富を買う。常人に出来ることではなかろう。

と、言う次第で、僕の2017年の第一優先事項は、ブログの毎日更新でございます。この生活は、12月末まで続く。

第二に大切な事案は、勤め人の卒業。年頭の誓いの通り、ほぼ決着はついた。粘り強い交渉が奏功し、10月からフリー。

勤め人卒業も2016年の夏から具体案をまとめ、2107年の1月に第一回の交渉をスタートし、フリーになるのは2017年もほぼ終わりの時期だ。気の長い話である。

鍵となるのは意志の持続なのだけど、これは毎日の日記書きがいい。

何度も紙に書いて、自分の計画を忘れないようにする。

今でもそらで、いつ、何に注力していたか、思い出せる。

2012年は、転職直後で猛勉強せねばならない立場のくせに、副業の不動産に一途だった。不動産の本も腐るほど読んだ。

2013年と2014年はナンパとアポが最優先で、一方でアウトドア趣味にも覚醒した。

2015年および、2016年初頭は不動産の仕上げに全力投入。

2016年春にまさかの勤め人の転勤があり、不動産が出来なくなったが、反面、東京に行きやすくなったのでインタビューを始めた。

2017年はブログの更新と勤め人卒業。

と言う具合に、僕の場合、およそ年単位で「今年はこれをやるぜー!」的なやつがある。

分かる人は気付いていると思うけど、年単位の計画の更に上位概念に、5年単位の計画があって、5年で『カネと女の自由を得る』という大テーマが一貫して流れている。

年単位の話に戻る。

上手くやるためのコツはズバリ、主題以外の活動に手抜きすること。何をするかより、何をやらないか、の方が大事。マジで。

僕の具体例で恐縮だが、まず、一貫して勤め人の仕事は手抜きである。平均的勤め人よりも自由時間は非常に多い。

2017年に関しては以下の事柄の活動量を減らした。

読書、筋トレ、アウトドア、ナンパ、である。いずれも自分にとって凄く大切な事だが、臥薪嘗胆の思いで意識的に活動を停止している。

最優先はブログ。更に、勤め人卒業の交渉で、気力が萎えて、有利な条件で卒業できなかったら、元も子もない。

いちおう、2018年、2019年、2020年、2021年ぐらいのアウトラインも既に決まってる。

毎日日記書いて、これやって、あれやって、と計画練る暮らしをしていれば、勢い、視野も先々に向かうのものなのかもしれない。

とりとめもない話になったが、僕はこんな感じで計画練ってますよ、的な話であった。

をはり。

【関連】


おすすめの記事